[PR]

 ■長考7時間、名手「▲6二歩」で花開く

 ――1969年、十段戦七番勝負で大山康晴十段を破り、初タイトルを獲得しました。29歳の時でした。

 大山先生とタイトル戦で戦ったのは、これが6回目。タイトルを取って、棋士として生涯やっていける自信がつきました。

 ――それまでのタイトル戦とは、何か違いま…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも