[PR]

 18日の東京金融市場は、米大統領選後から続く円安・株高の勢いが加速している。日経平均株価は一時、1月7日以来約10カ月ぶりとなる1万8000円台を回復。米国の景気が拡大するとの観測から円売りドル買いも進み、円相場は一時1ドル=110円台後半をつけ、6月1日以来約5カ月半ぶりの円安となった。

 前日…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも