[PR]

 国際オリンピック委員会(IOC)は17日、2008年北京五輪で採取したドーピング検体を再検査した結果、レスリング男子グレコローマン120キロ級で銀メダルを獲得したハッサン・バロエフ(ロシア)や、陸上男子棒高跳び銅メダルのデニス・ユルチェンコ(ウクライナ)らメダリスト10選手を含む16選手が陽性と新…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも