[PR]

 ■朝日新聞フォトアーカイブから

 秋の日差しに包まれた数寄屋橋公園で、昼休みに編み物をするOLたち。

 「これはかぎ針編みですね。大きさから、こたつ掛けか、赤ちゃんのおくるみでは」と話すのは、手芸専門の出版社、日本ヴォーグ社の元編集者・荻原正江さん(73)。同社は1967年、編み物の通信教育を開…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも