[PR]

 夏の参院選公約で、性的少数者(LGBT)への「理解増進」と法整備を約束した自民党。だがその後、法案提出の動きはみえない。何が起きているのか。

 ■参院選公約に「理解増進」法整備 党内・保守派から異論、再び失速

 「法律で平等な権利を保障することで、どれだけの仲間が引け目を感じず、胸を張って生きて…

この記事は有料会員記事です。残り1748文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1748文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1748文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも