[PR]

 柳家小さんの渋い芸を愛した漱石は、ステテコ踊りの珍芸で有名な三遊亭円遊にも親しみを抱いた。「円遊は鼻のおかげで飯を食い」――彼は生まれつき大鼻で、少時疱瘡(ほうそう)をわずらった。漱石が親近感をもったのは痘痕(あばた)ゆえだったかもしれない。子規宛ての手紙の中で「隣(とな)りに円遊を見懸けしは鼻々…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

こんなニュースも