[PR]

 息子ができて、ようやく私が目指す国会議員になれたって気がします。24年も続けていれば、仕事はある程度はできる。でも、自分には「どっしり感」が欠けているというコンプレックスが、ずっとあったんです。

 子どもを持つまでは一人だから、守るものがありませんでした。自分の人生はいつも「強い者」の側にいて、「こういう仕事をやらせてください」とは言うのにためらいがあった。でも、いまは何のてらいもなく言えます。子どもを不幸にしたくないというすべてのお母さんの願いをかなえるために、「やり抜かなければ」と思っています。政治家として欠けていた大事なジグソーパズルのピースが、すぽん、とはまった感じです。私は50歳で産みました。息子には障害があるので、なおさら、親亡き後にきちんとした社会を残さなければと、強く意識しているのかもしれません。

 今年、施行された改正児童福祉…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら