[PR]

 主人はこの奇警な比喩(ひゆ)を聞いて、大(おおい)に感心したものらしく、久しぶりでハハハと笑った。

 「そんなら君は何だい」

 「僕か、そうさな僕なんかは――まあ自然薯(じねんじょ)位なところだろう。長くなって泥の中に埋(うま)ってるさ」

 「君は始終泰然として気楽なようだが、羨(うらや)ましいな…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら