[PR]

 ■「雪中水禽(すいきん)図」

 雪の積もった水辺に鴨(かも)やおしどりが集う。清澄な冷気が身中を通り抜けていくようだ。羽は微細な質感の違いまで表され、水に潜る鳥のお尻の毛のふわふわなこと。

 江戸後期に活躍した応挙は、観察に基づく写生画や、遠近法を用いた眼鏡絵など、リアルな視覚表現の追求で知られ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも