[PR]

 先月20日、京都地裁208号法廷の傍聴席で、10人の女性が裁判の様子を真剣な表情で見つめていた。

 女性らは、カネボウ化粧品の美白商品を使って肌がまだらに白くなる白斑(はくはん)を発症し、損害賠償を求めている。この日の法廷では、使うのをやめて3年経っても症状が残ることを示す写真が証拠として提出され…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも