[PR]

 リオデジャネイロ五輪出場を逃した後、海外のレースに出て、アフリカ勢に挑んだ。2位に入った7月のゴールドコースト(豪)で出した2時間9分1秒は今年の日本選手最高記録だ。

 瀬古利彦、宗茂、猛、君原健二といったかつての名ランナーの著書を読みあさった。「どう考えても自分は練習が足りない」。それからは7時…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも