[PR]

 戦後日本を支えたのは豊かさへの渇望です。経済成長の結果、公害が深刻な社会問題になりました。しかし、市民や自治体が立ち上がり、産業最優先の政策が転換されます。批判の自由も戦後社会の柱でした。ある環境経済学者の歩みを通して、戦後民主主義を考えます。

 1945年8月24日、海軍兵学校防府分校(山口)…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら