[PR]

 昔日の客より感謝をもって

 (野呂邦暢)

     ◇

 諫早から上京し、給油店で働く若き日の作家は、故あって郷里に戻ることになる。通いつめた古本屋にどうしてもほしい一冊があったが金が足りない。おずおずと事情を話すと、値切りを嫌う店主が黙って値を下げてくれた。芥川賞を受賞したお礼にと届けた本の見返…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら