[PR]

 「猿之助でエノケンを」というプロデューサーのアイデアが当たり、シス・カンパニーの「エノケソ一代記」(三谷幸喜作・演出)が快調な仕上がりだ。ただし、市川猿之助の扮する田所は、エノケンこと榎本健一の偽物、エノケソを演じる男ではあるが……。

 このひとひねりした三谷の構想が功を奏し、ありがちな芸人物のワ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

こんなニュースも