[PR]

 欧州中央銀行(ECB)が、拡大を続けてきた量的緩和の規模を縮小することを決めた。来年12月まで期間を9カ月間延長する一方、国債などの買い入れ額を来年4月から減らす。ただ、欧州経済は先行き不透明で、物価が思うように上がらなければ、再び買い入れ規模の拡大を迫られる。▼3面参照

 「デフレに陥るリスク…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも