[PR]

 きょうで没後100年となる夏目漱石は、相当な温泉好きだったとお見受けする。『草枕』にある「ふわり、ふわりと魂がくらげの様に浮いて居る。世の中もこんな気になれば楽なものだ」とは湯の中の描写である。読むだけで気持ちがほぐれる▼「とかくに人の世は住みにくい」と独白した主人公は、たどりついた温泉宿で湯に身…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも