[PR]

 映画の制作をめぐり、出資者をだました疑いがあると報じた週刊新潮の記事で名誉を傷つけられたとして、映画監督の伊藤秀裕さんらが新潮社や出資者などに計1100万円を求めた訴訟の判決が9日、東京地裁であった。東亜由美裁判長は「記事内容は真実と認められない」として、同社などに計385万円の支払いを命じた。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも