[PR]

 今月19日、東京・永田町の衆院議員会館。戦時中に空襲で被害を受けた人たちの集会で、埼玉県坂戸市の高橋明子さん(82)ら高齢の男女5人が、国による補償について「私たちにはわずかな時間しかない。一日も早い立法を」と、与野党の国会議員に訴えた。

 一夜で約10万人が犠牲になった東京大空襲で両親と弟、祖父…

この記事は有料会員記事です。残り1376文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1376文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1376文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも