[PR]

 今季もJ1では最後に悔しい思いを味わいました。チャンピオンシップ決勝第2戦で敗れた後、すぐ映像を見ました。悔しさを目に焼き付けるため、そして改善点を探すためです。

 特に考えたのは1失点目。左からクロスを上げられたとき、自分が踏んだステップは正解だったか。近いサイドに柴崎選手、遠いサイドに金崎選手…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

こんなニュースも