[PR]

 カワイオカムラはある意味、伝説的な映像ユニットだ。クラクフ国際映画祭(ポーランド)やメディアアートの祭典アルスエレクトロニカ・フェスティバル(オーストリア)で受賞を重ねているのに、国内での露出は少ない。まとまった形での個展は9年ぶり。しかしそれには理由がある、と納得してしまう展示になっている。

 …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも