[PR]

 信州大学などの研究チームが製品やサービスの消費活動が絶滅が危ぶまれている生き物にどう影響しているのかを調べたところ、日本の輸入は東南アジアなどで絶滅の危機を悪化させる可能性が高いことがわかった。研究成果は、専門誌ネイチャーエコロジー&エボリューション(電子版)に掲載された。

 信州大学の金本圭一朗…

この記事は有料会員記事です。残り408文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り408文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り408文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも