[PR]

 ■きょうの授業 共存へ、動物の生態追う

 ときには神の使い、またあるときは悪魔の使い。そんな伝承が世界中にあるほど、人間の暮らしと関わり合ってきたカラス。昨今はもっぱら害鳥扱いで「悪魔」ぶりが強調されている。その脳機能や生態などを調べ、カラスと人の共存を探る研究室が宇都宮大学にある。

 ■人の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも