[PR]

 原子力規制委員会は18日、廃炉が決まった高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県)について、廃炉作業や難航が予想される原子炉からの燃料取り出しを監視する専門チームの新設を決めた。日本原子力研究開発機構は燃料取り出しに5年半かかるとしている。規制委はこうした作業が遅れないよう規制対象とする規則改正も年度内…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも