[PR]

 医薬品や食品、化粧品に役立つ生物の「遺伝資源」をめぐり、利用国と提供国が利益を分け合う仕組みを定めた国際ルール「名古屋議定書」について、政府は通常国会に承認案を出す方針を固めた。

 これまで、先進国の企業が途上国の動植物や微生物といった遺伝資源を採取し、研究や製品開発に活用するケースが多かった。利…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも