[PR]

 日本将棋連盟の谷川浩司会長(54)は18日午後、東京都渋谷区の将棋会館で記者会見を開き、近く辞任する意向を正式に表明した。将棋ソフトの不正使用疑惑の対応を巡って「不備があったことには大きな責任を感じている」と述べた。

 連盟は昨年10月、対局中にソフトを使った不正を指摘された三浦弘行九段(42)を…

この記事は有料会員記事です。残り1164文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1164文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1164文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも