[PR]

 住民が「未来人」と「現代人」に分かれたワークショップで、長期計画を考える。そんな岩手県矢巾(やはば)町の取り組みを8日付朝刊3面の連載「我々はどこから来て、どこへ向かうのか」で紹介した。

 2060年の人を代弁する「仮想将来世代」の役割を与えられたグループからは、現世代グループと違う視点の意見が出…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも