[PR]

 72代横綱に昇進した稀勢の里が締める綱を作る「綱打ち」と土俵入りの稽古が26日朝、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋であった。

 午前9時前から、同じ二所ノ関一門の関取衆らが集結。太鼓の音に合わせ、麻と銅線を包んださらし布3本をより合わせ、長さ4メートル超の綱を打ち上げた。

 その後、真新しい綱を締めた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも