[PR]

 文部科学省の組織的な「天下り」あっせん問題で、あっせんを仲介した人事課OBの団体「文教フォーラム」の家賃を負担していた公益財団法人「文教協会」(東京)が解散の手続きを進める。豊田三郎常務理事が1日、明らかにした。

 協会は、経常収益の7割を「全国大学一覧」「大学設置審査要覧」といった出版物の販売で…

この記事は有料会員記事です。残り206文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り206文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り206文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも