[PR]

 文部科学省の組織的な「天下り」あっせん問題をめぐり、第1次安倍政権が2007年に改正した国家公務員法の是非が議論になっている。改正によって営利企業への天下りを2年間原則禁止する規定を撤廃したことが今回の問題につながったと、民進、共産両党が指摘。安倍晋三首相は「監視が機能したから問題が発覚した」と反…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも