[PR]

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古沖への移設計画で、沖縄防衛局は7日、汚濁防止膜の重りとなるコンクリートブロックを海底に沈め、埋め立てに向けた本格的な作業を始めた。翁長雄志(おながたけし)知事は「事前協議もなく、憤りでいっぱいだ」と述べ、工事の中断を求めた。

 この日は、2隻の作業船…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも