[PR]

 靖国神社で2015年に起きた爆発音事件で、火薬類取締法違反などの罪に問われた韓国籍の全昶漢(ヂョン・チャンハン)被告(28)の控訴審判決が7日、東京高裁であった。藤井敏明裁判長は「計画性の高い危険な犯行で、人的被害が生じなかったのは偶然にすぎない」と述べ、懲役4年の実刑とした東京地裁判決を支持。被…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも