[PR]

 住友金属鉱山は7日、チリのシエラゴルダ銅鉱山の事業で799億2600万円の減損損失を計上すると発表した。鉱山の操業計画が当初より遅れている上、中国の需要の伸びの鈍化で銅価格が低迷しているためだ。2017年3月期の純損益が当初見通しの190億円の黒字から、150億円の赤字になりそうだと下方修正した…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも