[PR]

 ■1958年・準々決勝

 延長十八回表、魚津は1死一、三塁と攻め込まれた。エースの村椿が得点圏に走者を背負ったのは延長に入って初めて。最後の最後に、最大のピンチを迎えた。

 「だけど、みんな落ち着いとった」と証言するのは、1年生ながら伝令役の倉谷。ピンチになると宮武監督に「いけ」と言われる。「間を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも