[PR]

 飄々(ひょうひょう)としかし強烈な熱意で数々の名作を世に出してきたスタジオジブリ・プロデューサーの鈴木敏夫さん=写真、白鳥真太郎撮影。対談相手は、永六輔さんの『大往生』など型にはまらない著作を形にしてきた元岩波書店編集者の井上一夫さん。映画と書物。作品はどこから、どう生まれるのか。もの作りの楽しさを縦横に語り合います。

 ◇対談「雑談のなかから作品は生まれる」3月4日[土]午後1時~2時30分。参加費4104円

 ◇会場は東京・西新宿の新宿住友ビル。問い合わせ、申し込みは主催の朝日カルチャーセンター(03・3344・1941)。HPは「朝カル 新宿」で検索を

 (朝日新聞社後援)

こんなニュースも