[PR]

 国立劇場2月文楽公演は、開場50周年記念「近松名作集」で三部制。第一部は時代物の「平家女護島(へいけにょごのしま)」。「鬼界が島」は、英太夫・清介が表現力豊かに語るも、「蜑訛(あまなま)り」など、伝承面への配慮は薄い。和生の俊寛、千鳥は簑助。前後に、清盛(幸助)の悪行や俊寛の妻あづまや(一輔)の死…

この記事は有料会員記事です。残り634文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り634文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り634文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも