[PR]

 東京女子医大病院(東京都新宿区)で2014年、麻酔薬を投与された男児(当時2)が死亡した問題で、男児の両親が14日、麻酔科の医師や看護師ら4人に計1億8千万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。両親は手術を担当した執刀医と主治医に対しても約1億5千万円の賠償を求め、提訴している。訴状による…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら