[PR]

 小学校での英語教科化などを盛り込み、「質も量も」をめざす次の学習指導要領の改訂案は、授業時間をどう確保するかという課題を学校現場に投げかけた。新潟県で今月開かれた日本教職員組合の教育研究全国集会でも、時間捻出のさまざまな工夫が紹介された。

 ■授業「午前5コマ制」に 休み時間・掃除を短縮

 授業…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも