[PR]

 天皇陛下の退位をめぐる法整備では、特例法か皇室典範改正かで各党・会派の隔たりが目立った。大島理森衆院議長が見すえるのは、皇室典範の付則に特例法の根拠規定を置く妥協案。政府・与党の腹案でもあるが、民進党と折り合えるか見通しは立っていない。▼1面参照

 ■公明「柔軟に考え」

 衆院議長公邸での各党・…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも