[PR]

 経団連の榊原定征会長は20日の会見で、経営再建中の東芝が半導体部門の売却を検討していることについて「東芝の半導体は日本の中核技術であり、世界トップレベルの人材も抱えている。その技術や人材が国外に流出するのは問題。日本の国益を考えると、国や産業界として対応が必要」と述べた。

こんなニュースも