[PR]

 最後にかわした言葉が心残りだった、ということにならないように

 (田部井淳子)

     ◇

 見るのはもうこれが最後かもしれないと思うと、その姿がとても愛(いと)おしくなる。死を意識することは、人や生き物にていねいに向きあう態度を養ってくれるのだろう。つねに死と隣り合わせでいた登山家だからこそ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも