[PR]

 東京電力は20日、メルトダウン(炉心溶融)事故を起こした福島第一原発2号機の原子炉格納容器に入ったロボットに付着した堆積(たいせき)物を回収し、専門機関で分析する方針を原子力規制委員会の検討会で示した。今後の核燃料取り出しに向けたデータが得られると期待している。

 ロボットは9日投入され、格納容器…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも