[PR]

 長崎の被爆者を親に持つ「被爆2世」25人が20日、2世への援護策をとらなかった国の責任を問い、1人あたり10万円の慰謝料の支払いを国に求めて、長崎地裁に提訴した。被爆者には医療費負担など国の援護策がある一方で、放射線の遺伝的影響が懸念される2世が援護の対象になっていないのは不平等で憲法違反だと主張…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも