[PR]

 東京電力福島第一原発事故をめぐり、株主が旧経営陣らに約9兆円の賠償を求めている訴訟の弁論が2日、東京地裁で開かれた。株主側は裁判官らが現地で津波の浸水経路などを検証するよう申し立てた。「旧経営陣らが津波による危険性を予測できたことを立証するため」としている。

 株主側の弁護団によると、申し立ては2…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも