[PR]

 スポーツ仲裁裁判所(CAS)は2日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会南米予選で没収試合の処分を受けたボリビア協会から撤回を求める異議申し立てがあり、受理したと発表した。ボリビア代表は昨年9月のペルー戦とチリ戦で、出場資格のない選手1人を起用する違反があったとされた。国際サッカー連盟(FI…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも