[PR]

 引退が決まった日本将棋連盟の史上最年長棋士、加藤一二三(ひふみ)九段(77)は2日、現役最後となる「順位戦」の対局で敗れた。14歳でプロ入りして以降、棋士の格を決める順位戦で60年余り戦い続け、42歳の時には名人位を獲得。棋士人生の大きな節目の勝負だったが、白星で飾れなかった。

 東京都渋谷区の将…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも