[PR]

 ■1981年・決勝

 それは、30秒間のタイム中のやり取りだった。

 0―0の七回裏。報徳学園は先頭の4番金村が安打で出た。続く西原は右飛に倒れ、次は準決勝までチーム最多の7打点の岡部。京都商が伝令を出し、マウンドにバッテリーと内野手が集まった。

 その時だ。「オカベ!」。金村の声がする。岡部が一…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも