[PR]

 ソウルの日本大使館そばに設置された慰安婦問題を象徴する少女像の問題で、現場の道路を管理するソウル市鍾路(チョンノ)区は2日、区の管理のもとに像を合法化する条例改正案を4月の定例議会に提出する考えを明らかにした。像の撤去を求めている日本側は、主張の根拠の一つとして設置の違法性を指摘していた。

 少女…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも