[PR]

 日本製紙は2日、米国の電話帳用紙事業をメキシコの大手製紙会社ビオ・パペルに1ドル(114円)で売却すると発表した。1988年に同事業に進出したが、携帯電話やインターネットの普及で電話帳の需要が激減し、最近は営業赤字が続いていた。米国での印刷用紙事業からの撤退となるが、紙容器の原紙事業などは続けると…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも