[PR]

まかなひを分けあふ春や点滴庵

 

水ぬるむ日のあをいろを鳥に巻く

 

薄味のカタストロフを蝶に添へ

 

ごちさうの空に文庫をかざしけり

 

おほかたは気体のやうな梅の花

 

ふるふるとフラスコ揺する牡丹雪

 

のつけから渦巻くツバメ探偵社

 

そらみみの揉みあふ舌を見てゐたる

 

霾(つちふる)や胸…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも