[PR]

 板と板を組み合わせて小箱や家具などの調度品を作る技法を指物(さしもの)という。祖父・桑月(そうげつ)、父・桑翠(そうすい)と約110年続く指物師の家に生まれ、3代目にして初めて人間国宝に認定された。2014年、60歳のときである。

 作品の多くには、漢語の題名がついている。代表作のひとつ、栃拭漆嵌…

この記事は有料会員記事です。残り805文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り805文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り805文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!
こんなニュースも